いろいろとある賃貸の種類

皆さんもご存知のように賃貸物件は日本中に広く出回っています。
その中にはいろいろな種類の賃貸物件がありますので、自分が生活する中ではどれを選ぶべきなのかということを考えていきましょう。
賃貸物件の中でも日本各地で比較的多く出ているのが、マンションやアパートではないでしょうか?
マンションのアパートですが、これといってはっきりとした定義はありません。
しかし3階以上であればマンション、2階建て以下であればアパートと定義されることが多いようです。
その他にも構造で比較するケースもあって、鉄筋コンクリートもしくは鉄骨鉄筋コンクリート、鉄骨造りの物件であればマンション、木造や軽量鉄骨構造をしている建物であればアパートといった感じで定義をしているケースもあります。
一般的にアパートの方が安くて、賃貸マンションと比較すると家賃は2割程度下がるといわれています。
アパートの場合、比較的古い物件が多く設備も旧式の傾向があります。
マンションだと、最新式の設備を設置しているものも多く、セキュリティの面ではアパートと比較するとすぐれた物件が多いとも言われています。
またマンションやアパートの陰に隠れがちなものの、一戸建ての賃貸物件が出ていることもあります。
マンションのように隣人のことを気にすることなく借りられるのが大きな魅力です。
庭なども確保されている物件が多く、ペットなどの飼育も可能な物件が多い所も魅力です。
さらには、ウィークリーやマンスリーマンションと呼ばれる賃貸物件もあります。
ウィークリーやマンスリーマンションは、短期の滞在用のために作られた物件のことをさします。
部屋の中に生活に必要な家電や家具などが設置されていますので、身の回りのものさえ持っていけば、すぐにでも生活スタートできます。
長期の出張や仮住まいをする時に使われます。
このようにいろいろな種類の物件がありますので、自分には何がふさわしいのか考えて部屋を借りることです。
SEARCH
SHARE
LINEで送る
PAGELIST
Copyright (C)2014あなたは?賃貸生活に向く人向かない人.All rights reserved.